宣伝方法としてのぼりを使う

レギュラーサイズののぼり旗の大きさ

「京都のれん」が取り扱うのぼり旗は、生地が豊富で特殊加工なども
出来ることから、多くの人に喜ばれている製品です。

のぼり旗のレギュラーサイズは、縦180センチ・横60センチのサイズとなっています。

のぼり旗の価格は、多くの枚数を注文すればするほど1枚あたりの価格が
手頃なものとなりますので、大量となるオーダーであっても
問題なく受注することが出来ます。のぼりは、noboribata.netがno,1です。

のぼりの受注

ジャンボサイズでは90センチ・270センチの組み合わせで制作が可能です。

この場合はポールや注水台をお店で用意することが出来ますので、
合わせてオーダーすることをお勧めします。

「まだデザインが決まっていない」という場合や「特殊加工をお願いしたい」
という時には、早めにお店に連絡しましょう。

デザイン制作やオプション加工には、別途料金が発生します。

まずは費用を見積もりしてもらったあとで、オーダーするほうが得策かもしれません。
窓口は電話とメールが用意されていますので、自分にあった方法でコンタクトすることが出来ます。

のぼりのオーダーの場合は、ホームページの自動見積もりフォームを利用して、
概算を自分で把握することも可能となっています。

見積もりを出す

注文の前にいろいろなパターンを試してみましょう。

のぼり旗の印刷方法は指定可能です

「京都のれん」の制作するのぼりは、印刷する生地を選ぶことも出来ます。
通常であればポリエステル生地に染色しますが、インクジェットプリントではない方法を
希望するお客様には、シルクスクリーンをお勧めしています。

シルクスクリーンでの印刷は非常に美しく、のぼりとする際にも印象に残る製品となるでしょう。

防炎加工済の布も用意してあり、ポンジーやトロピカルといった製品以外にも、
ツイル・スエード・サテンなどの生地でののぼり制作が可能です。

のぼりだけの使用ではなく、タペストリーとしてや横断幕としての利用も
可能な製品も「京都のれん」のお店で揃えています。

裏と表で違うデザインにすれば、2枚の面を使用出来るのでお得です。
そんな時にももちろん対応できますので、お店に相談してみてください。

遮光ツイルやスエード、ターポリンといった素材であればそれぞれの面に
異なるデザインを施すことが出来ます。

他にも、洗濯しても丈夫な素材や風呂敷などの素材に使えるもの、
フラッグ用の生地なども用意しています。

布や素材で迷っているときはスタッフにまで気軽に相談して下さい。
お店のスタッフが豊富な知識を持って、適切な製品を案内します。

サイトトップ  のぼり旗の用途  注意点  データ入稿ののぼり旗  綺麗に使う  印象に残す
紅葉シーズンに夜間拝観のぼり  霊園  薬局の薬の名前ののぼり  効能を伝える  オープンのぼり
のぼりの効果  のぼり旗を通販で購入する  のぼり旗作成するコツ  自由に選べる  【オリジナルのぼり旗】書体
屋内でのぼり旗を使う  「京都のれん」のぼり旗  テイクアウトのぼり旗  デザイン多数のサイト  通販で楽にオーダー  視認性を高めるコツ  sitemap



Copyright  のぼりを注文するの時間ですよ  All rights reserved.