宣伝方法としてのぼりを使う

のぼり旗でテイクアウト需要を掘り起こす

コロナ対策では飛沫感染を防止するため、人との接触、特に会食による感染を減らすことが大きなポイントです。そのため、レストランなどでの外食や会食を控え、テイクアウトを利用する人も増えています。

それで、外食産業でも持ち帰り可能な商品を開発したり、業態自体を変えて持ち帰り専門の店にするところまで現れています。そうなると、今までやっていなかったサービスをアピールする必要が出てきますが、その点で役立つのがのぼり旗です。

サービスをのぼりでアピール

のぼり旗の良さはお店の前を通る、いわば見込み客にどんなサービスを行っているかを容易にアピールできる点にあります。対してネットでホームページやブログなどを展開する場合だと、興味を持って検索してくれた人にしかアピールすることはできないので、のぼり旗を使用して、お店の取り組みを理解することは大切になります。

では、具体的にどんな文言でのぼり旗を作ることが効果的なのでしょうか。

よく使われるのが、「お持ち帰り」という文字を強調したものです。文字を大きくしたり、生地の色とは違う配色を用いて強調するとより効果が高いようです。

また、「TAKE OUT」という文字を使うことも一般的になっているので、お店のイメージに合うほうを選ぶとよいでしょう。

のぼり旗ではおうちごはんをイメージできるものを

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、不特定多数の人が長時間滞在する外食を避け、その代わりに持ち帰りできる商品を家族で食べることが定番になりました。

そのため、多くの外食産業が持ち帰り商品に力を入れていて、独自性を出したり、差別化することが大切になります。

その点で役立つのが、のぼり旗です。持ち帰りができることを強調するのぼり旗は多く使用されていますが、おうちごはんを楽しむイメージを持ちやすいものを用いることで、購買意欲を高めることができます。

持ち帰りのイメージ

例えば、食欲を誘うとされる赤を配色したものや、家族の温かさをイメージできるオレンジや黄色ののぼり旗を採用することもできるでしょう。

また、単に「お持ち帰り」という文字だけでなく、家族で食卓を囲んでいるようなイラストが描かれたものを使ったり、ご飯を盛ったお茶碗と箸が書かれたものなど、パッと見ただけでおうちごはんを思い浮かべられるような絵や写真などを配したものを使うことができます。

いずれのものを使うにしても、のぼり旗の魅力はシンプルにお店の特色をアピールできることです。それぞれのお店のイメージにマッチしたもので、文字やイラストの数などを絞ったものが有効です。

サイトトップ  のぼり旗の用途  注意点  データ入稿ののぼり旗  綺麗に使う  印象に残す
紅葉シーズンに夜間拝観のぼり  霊園  薬局の薬の名前ののぼり  効能を伝える  オープンのぼり
のぼりの効果  のぼり旗を通販で購入する  のぼり旗作成するコツ  自由に選べる  【オリジナルのぼり旗】書体
屋内でのぼり旗を使う  「京都のれん」のぼり旗  テイクアウトのぼり旗  sitemap